疲れがたまってる - 日々の出来事

最近、食生活も乱れ疲れがたまり気味です。

こういうときはスポーツしたり、散歩したり、美味しいものを食べたり、映画をみたり、とリフレッシュが必要です。

家でゆっくりと休むのも良いですが、こういうときはあえて外出して「積極的な休養」を取ることも大事です。

温泉や旅行もいいですね?

カラスのか?子 - 日々の出来事

公園を散歩していると私の友達の「か?子」がベンチに留っていました。「アッ しまった餌さ持って来なかった」とか?子に言うけど通じる訳もありません。何時までも付いてきます、気の毒に思って急いで走って家に帰り、食パンを持って公園に戻りました。まだベンチに留っていました。
今日は相棒の「カ?男」はいません、1羽だけで待っていました。わたしが歩くと付いてきます、だれも居ない所でパンを取り出して「か?子」にやりました。「か?子」との出会いはもぅ4年になります。鳥は裏切らない、いつまでも覚えています。

日本国民の誇り - 日々の出来事

日本人が震災後とった行動は世界の人には珍しく写っているらしいです。オバマ大統領が我々が普通の行動をしているのを誉めたしているのをみるとどうもそうらしいです。世界の震災が起こった地域をみると暴動・略奪などがおきています。一方わが国では他県の被災者に市営住宅をいち早く提供したり、子供の転入学の準備をしたりしています。国民揃って被災者を応援する気持で溢れています。こんな事は外国ではないのですね。
秩序だった国民と原発で避難する人でさえあわてない態度が目立ちます。この国民性に感謝です

南三陸町 - 日々の出来事

南三陸町といえば町長が役場の手すりに掴まって津波から逃れた事で知られています。

その三陸町で新しい役場が完成しました、とはいっても30畳くらいのプレハブです。 この中に今日は13人の役場の職員が集まって会議をしたそうです。 それはダンボール一箱の書類だけ、戸籍簿は幸いに法務局に残っていたそうです。しかし役場に手書きの転居届けを書いて避難所に置いて去って行く人もいるそうです。 前途多難な南三陸町です

ハルピンの氷祭り - 日々の出来事

今日のローカルTV局でアナウンサーが中国ハルピンに行ってました。 それは毎年2ヶ月に亘って行われる氷祭りの模様を
取材に行ったのです。 この真冬に行われるとても大きな祭りです。 全部氷で出来ていて高さ45Mもある氷の城がTVに写って
いました。 また第2会場にある高さ3メートルくらいの氷像が50体もあります。
第1会場は市内を流れる松花江の対岸にあり市外地です そこに5千坪もの広い会場に氷ブロックをクレーンで積むのです。
あらかじめ赤青黄などの蛍光灯を中に入れて積み上げて夜に点灯するのでその美しさと言ったらありません。
第2会場の人物像もバーをジャンプしている場面を氷に彫っています。 中国の見事さは素晴らしいの一言です。
またレポーターの女子アナは外はマイナス25度、内はプラス20度の室内で名物の<水餃子>を湯気を上げながら食べていました。
ハルピンは焼き餃子は食べないので全て<蒸す>水餃子です。

父の年賀状 - 日々の出来事

父が元旦に年賀状を取りに行くから運転してくれと言います。
父は普段は別な住所に住んでいるのです。
その年賀状は200枚はあります。 現役を引退してもう数十年も立つのに大した数です。

もう整理したらと忠告しますが全く聞く耳をもちません。
最近も数枚ずつ増えているようです。 だから年賀状には異常な執念を燃やしています。

それを知っている私は黙って年賀状を取りに行く父を乗せていきます。
「ちょっと待っててくれ」 父は年賀状を取りに行きます。
やがて手に100枚以上の年賀状を持って喜んで戻ってきます。
帰りの車は静かに年賀状を確かめています。 それが生きている証なのかもしれません。

中国の急成長 - 日々の出来事

今、中国は急激に成長を続けています。

10年前とは全く状況が違いますね。

当時、中国の企業と取引をしたことがありますが、彼等はかなり下手に出て、過剰な位の接待をしてきました。

それが今では、態度が全く違います。

その時の媚びる様な笑顔は全く出てきません。

これはほんの一部の話で、色んなところできっと同じ様な現象が出てきているのでしょう。

尖閣問題や中国で行なわれるスポーツの大会での日本選手へのブーイングなどもひどいですし。

中国という国に対し、油断するといつ蹴落とされるか分かりません。

政府も毅然とした態度で臨む必要があるとおもいます。

ロシア、北朝鮮に対しても同様ですね。

中華料理にウーロン茶 - 日々の出来事

中華料理は塩分が多く、また脂分が多いものが多いです。
しかし、ウーロン茶を食事中、食後に飲むことで脂分の吸収を抑えてくれます。
最近黒烏龍茶なども話題ですしね。
食生活に合った飲み物を飲んでいるというのは、さすが中国4000年の歴史というところでしょうか。

日本にやってきた中国人嫁の中には、頻繁に中国に帰りたがる女性もたまにいます。
これは日本で友達もいないという状況などで寂しさからくるものなのでしょう。

ただ、あまりに頻繁に実家に帰らせてあげていると、旅費もばかになりません。
そうならない為にも、日本での生活基盤をしっかりと築いてもらう必要がありますね。

性格の悪い中国人嫁 - 日々の出来事

知ってる人の中国人の奥さんは凄く性格が悪いそうです。

家族の中に仲が悪い人がいるらしく、その人に対して過剰なまでに

「私はあなたが嫌いです」

という事を態度で示そうとしてくるらしいです。
どの様な事をしているのかというと、、

例えば、嫌いな人が旦那さんと廊下で会話している時に、近づいてきて扉をわざと大きな音を立てて閉めにくるらしいです。

その行為を聞くと、中国人奥さんの性格の悪さとプライドの高さが伺えますね。
最近ニュースをにぎわせている日本と中国の問題も、こういう気質の人が中国の政治家に多いからなんじゃないかと思ってしまいますね。

しかし、中国人女性の全てこういう女性であるという訳ではありません。
こういう女性はきっと1部なのだと思います。

ですので、当然の事ですがお見合いなどので女性選びはかなり大事だといえますね。
一生を左右する問題ですから。